薬剤師の派遣!!

薬剤師の間でますます注目が集まる、ヤクジョブ(薬剤師サイト)で「高収入・厚待遇の派遣」という選択肢が薦められている。
どの薬剤師求人サイトでも「派遣」が人気みたいです。時給4000円以上の募集はかなりある・・・
調剤薬局が特に多く、短時間も短期間も歓迎。派遣と聞くとママや主婦を思い浮かべがちですが、実は3年間だけ派遣で働いて貯金をする!!!などの目的で30代の薬剤師は結構、派遣を選択している。これは賢い・・・・・
40歳からでも正社員になりやすい薬剤師だから出来る選択かも。

調剤薬局の仕事内容は、「調剤業務全般」とひとくくりにされることがありますが、調剤、監査、服薬指導だけでなく、薬剤の管理、薬歴の記入、レジ、棚卸しなど様々です。電子薬歴であれば簡単なパソコン操作が要求されます。
この他、仕事をはじめてみてから一人になる時間帯を任され困惑するといったケースもありますので、ご自身に合ったシフト体制かの確認も重要です。
派遣スタッフは、労災保険はもちろん、勤務日数などの一定の条件を満たす事で、健康保険と厚生年金、有給休暇、育児介護休暇などの法定内福利厚生を受けることができます。

万一の調剤過誤に備えた保険、「薬剤師賠償責任保険」に派遣会社が加入しているかは大きなポイントになります。企業が任意で実施している福利厚生にどんなサポートがあるか、確認しましょう。

副作用に不安がある薬、また調剤薬品については、現状では薬剤師による指導を受けずに、販売業務ができないものでありますから、それぞれのドラッグストアでは、勤務する薬剤師が絶対条件なのです。
エリアマネージャーや各店舗の店長レベルの役職に抜擢されることがあったら、手取りを引き上げることに繋がるため、ドラッグストアに勤める薬剤師というのは、年収を更に増やしていくことは無理な相談ではありません。

薬剤師向けの転職サイトに登録申請すれば、コーディネーターが、一般には公開していない求人も含め、幅広い求人情報をチェックして、望み通りの求人を見つけ出して提供してくれます。

給料において満足できず、更に上の給与を得ることのできる職場を探している人なども多数見られます。
だが、薬剤師は専門職であるにもかかわらず、働く職場環境などは変化を見せています。

前は、看護師や薬剤師については売り手市場であったものですが、これから先は就職しにくい環境になっていくでしょう。薬剤師の資格を持つ人の急増や、医療費の削減に伴って、給与面の落ち込みなども起こりえます。

昼間のアルバイトもアルバイト代金は良いと言えるでしょうけれど、薬剤師の夜間アルバイトの場合は、それ以上に時給は高くなるのが普通で、5千円前後といったところも少なくないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>